「笑劇一座のビバ!衝撃人生」

  • Posted by:新米
  • 2009年04月22日 14:03
  • お笑い

4月に入り、徐々に春らしくなってきましたね。
春は新しいことがスタートする季節ですが・・・
なにやら楽しい企画が始まったとの情報を仕入れましたので、早速ご紹介したいと思います!

以前よりマッシュネット日記で細々とお伝えしてきた教文13丁目笑劇一座の活躍ですが・・・
なんと4月から、笑劇一座の皆さんがラジオ番組に出演するとのこと。

FMノースウェーブの番組内に、笑劇一座の講師・砂川先生と劇団員の皆さんが毎週1人ずつ参加し、オモシロトークを繰り広げるという15分コーナーがあるのだそうです。
(詳しくはこちらをご覧ください→「砂川一茂のお笑い日記」)

光栄にもその収録現場にお呼びいただけたので、早速取材に行ってまいりました!
(教文13丁目笑劇一座について、詳しくは教育文化会館さまのホームページ
また過去のマッシュネット日記をご覧ください。)

今回お邪魔した収録現場には、砂川先生と劇団員のひょろさん、チャコさん、和尚さんの姿。
そして教文の升川さんが収録ブースにいらっしゃいました。
(写真右:砂川先生、中央:升川さん、左:劇団員のひょろさん)
20090422_01


リハーサルを終え、すぐに収録が始まると、すっかり1リスナー状態で聞き入ってしまった私。
劇団員の方は緊張している様子に見えましたが、砂川先生がうまく話を盛り上げ、すかさずツッコミを入れ笑いを誘います。

↓砂川先生に「中学生か!」と言われていたチャコさん、写真で見る限りそうは見えませんが実態は・・・?
20090422_02

↓珍しくスーツ姿の和尚さん
20090422_03

今回の収録中、和尚さんは特技のあんなことやこんなことを披露!
何をやってくれちゃったのかは実際に放送されるラジオを聞いて、お楽しみください(^O^)ノ

コーナー内ではトークのほかにもミニコントが楽しめます。
当たり前のことなんですけど、ラジオって声しかリスナーさんに伝わりませんよね。
私は普段人に話をする際、身振り手振りが混じってしまうのですけれど、ラジオでは見えないですからそんなんやっても悲しいことに意味ありません。
(今回取材に行ったもかかわらず、カメラを忘れた私は存在意味がありませんorz 写真提供してくださった教文のご担当者様、感謝いたします!)
喋りだけで笑いをとったりいろんなことを伝えたり、舞台やテレビの世界とはまた違った表現の難しさがあるのだろうなぁ・・・。

そんな中、笑劇一座の偉大なる母的存在・教文の升川さんは独特の雰囲気があって、声も癒し系ですっかりファンになってしまいました!

今回の収録内容はぜひラジオ放送を聞いてお楽しみください!

【笑劇一座のビバ!衝撃人生】
毎週土曜日、16:00~16:15
「STATION DRIVE SATURDAY」内で放送されます
(ノースウェーブ/札幌82.5MHz)
FM NORTH WAVEホームページ(http://825.fm/northwave/

記事作成者:新米

この記事のURL:http://www.mash-net.co.jp/diary/library/436

  • Comments&Trackbacks: 1

ページ最上部に戻る

「食パンダッシュ」パート2

本日朝、
食パンをくわえて走り抜ける人たちが、札幌の大通地下街に出現しました。
先にお知らせした「食パンダッシュ」。
dash_01

4月だというのに雪がちらほら。
しかも朝早いのに、およそ30人が食パンをもって大通公園に集合。
dash_02

それぞれがパンをくわえて遅刻しそうな人を演じながら、
職場や学校に向かうというパフォーマンスです。
dash_03dash_03_2

ただそれだけのパフォーマンスながら、
道行く人の不思議そうな反応や、演じる人たちの真剣な行動など
いつもと違う朝の15分を楽しみました。

ここで、ちょっと芸の細かい人に注目!
寝癖をわざわざつけて登場したyamaちゃん。
dash_04

こげかけたトーストを持参したbariさん
dash_05

ジャムをつけた食パンを持ってきた学生さんと、制服を借りて女子高生に扮した人
dash_06

ちなみに、これは「札幌ハプニング」という集団が企画。
「害のないイタズラ」を集団で行うことを基本とする自称演劇界の親善大使だとか。6月にもなにやら企画しています。
◇ 札幌ハプニングブログ → http://blog.livedoor.jp/sap_hap/

記事作成者:kakka!

この記事のURL:http://www.mash-net.co.jp/diary/library/416

  • Comments&Trackbacks: 0

ページ最上部に戻る

「食パンダッシュ」

  • Posted by:デヴデザイナー
  • 2009年04月13日 22:36
  • 未分類

おもしろい企画を教えて頂きましたのでお知らせです。
その名も「食パンダッシュ」!
寝坊しなければぜひ参加しようと思います。

食パンはやはりトーストでしょうか…。
食パンだけじゃバランス良くないですよね。野菜ジュースとか持っていてもいいのかな?

っていうか、実際食パン持って走っている人見たことないし…。
車の中でお茶碗とお箸使ってご飯食べながら運転している人は見たことありますけど…。

★★★★★★詳細はこちらです!★★★★★★★
4月16日(木)の朝7:50に大通公園3丁目の地上(テレビ塔側の地下への入り口付近)にマイ食パンを持って集合!
【参考】「札幌ハプニング」ブログ http://blog.livedoor.jp/sap_hap/

どなたでも無料で参加することができます。時間通りに集合場所にお越しいただければ、そこで説明と簡単な演技のアドバイスを受けます。解散後は実際にみんなそれぞれが地下鉄の駅へ向かい、パンをくわえて「遅刻しそうな人」を演じながら自分の職場や学校に向かうような流れになるかと思います。
その際の映像や動画は、後日札幌ハプニングのブログで公開します。

お時間、興味のある方は、是非マイ食パン持参の上お越しいただければと思います。
もしよろしければ、知人友人等にご案内いただけるとありがたく存じます。
ハプニングの性質上、大々的な広告は打てないので、密やかに口コミとメールで広がっていければ良いと思っております。

企画協力:札幌市教育文化会館(札幌市芸術文化財団)、教文演劇フェスティバル実行委員会

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

■札幌ハプニングとは?
札幌ハプニングとは 札幌で活動する演劇関係者を中心に結成された、街頭演劇パフォーマンス集団です。 札幌の演劇シーンを盛り上げることを目的に、札幌市教育文化会館から生まれました。
日常の中で、不特定多数の人に違和感を覚えてもらえるような“害の無いイタズラ”を一般の方と一緒に行い、より演劇を身近に感じてもらうことをテーマに活動しています。
 ◇ 札幌ハプニングブログ → http://blog.livedoor.jp/sap_hap/

■教文演劇フェスティバルとは?
毎年夏に教育文化会館を舞台に開かれる演劇の祭典です。
毎年恒例の小ホールでの公演や、市民の皆様が気軽に受けることができる演劇講座、今年からは上演時間15分以内の作品を複数お送りする「短編演劇祭」も大々的に開催します。
「演劇初めて」の方にも楽しんでいただけること間違いなしのフェスティバルです。
詳細は決定次第ホームページにて更新いたします。
 ◇ 教文演劇フェスティバルホームページ → http://kyobun-festival.seesaa.net/
  (現在は昨年の様子をご確認できます)

記事作成者:デヴデザイナー

この記事のURL:http://www.mash-net.co.jp/diary/library/413

  • Comments&Trackbacks: 2

ページ最上部に戻る